精密根管治療について

精密根管治療

根管治療とは、歯の中の神経や血管が入っている細い管「根管」の中の細菌に汚染された神経や血管、歯質を除去し、洗浄・消毒して、すき間ができないように薬剤で密閉する処置です。その上に土台を作製し、人工歯を被せて歯の機能を補います。

根管治療で大切なのは、唾液が入らないような工夫をして治療する事です。唾液中の細菌が根尖病変を作る原因だと分かっているからです。

根管はとても細いうえ、複雑な形状をしているため、裸眼で治療するのは非常に困難です。当院ではマイクロスコープを用いて、リアルタイムで目視しながら精密根管治療を行っています。

また、治療内容は記録され、治療後に映し出すことが出来ます。

まさにガラス張りの治療であり治療技術が未熟であれば自信を持ってお見せすることは、難しいでしょう。逆に熟達したマイクロスコープの技術があればこれほどメリットの大きいものはなく、治療回数も大幅に軽減できます。1年通院してるけど治らないと言う話もよく耳にしますが、当院の精密根管治療は平均3回程度の治療回数となっております。

歯内療法

 歯を保存するために大切な歯内療法

歯の中の歯髄(神経)までむし歯が進行すると大きな痛みが伴います。そこで行われるのが特殊な道具を使用し、神経を除去する「歯内療法(根管治療)」です。

しかし、神経を除去しても根管(こんかん:歯の中の神経や血管が通っている管)の内に汚れが残っていると、歯根の先が化膿して、再び痛みが出たり、骨を溶かしたり、大きく腫れたりしてしまいます。

歯内療法の成功の鍵は根管をいかにきれいにするかにかかっていますが、歯根の形は非常に複雑で、より精密に細かな部分まできれいにするにはさまざまな器具とテクニックが必要です。

根管治療が必要なケース

歯の神経にまでむし歯の汚染が進んでしまっているときは、食べたり、飲んだりの刺激がなくても歯がズキズキ痛みます。このようなケースでは多くの場合、根管治療が必要となります。また根の治療をしたにも関わらず無症状で細菌感染が進行し、知らず知らずのうちに病変が大きくなってしまうケースもあります。当院ではマイクロスコープだけでなく最先端の歯科用CTと合わせて診査・診断を行い根管治療の必要性を精査しています。

外科的歯内療法

従来の根管治療で治らない場合、次の手段として外科的歯内療法へ移行します。

外科的歯内療法とは原因となる根の先端を切除して、根の先から封をする方法です。従来の古典的な外科的歯内療法の成功率は40~60%でした。

ですが、マイクロスコープを活用した方法では、成功率は 90%以上と報告されています。
根管治療から外科的歯内療法までを含めると、かなり高い確率で根の先の病気を治すことができます。

外科的歯内療法の術式

Step1.
病変を除去する

歯ぐきを切開し、病巣を除去します。

 Step2.

根の先端を切除する

感染した根の先端を切除し、切断した歯質には、封鎖性の高いセメントを詰めます。その後、歯ぐきを縫合します。

Step3.
骨ができるのを待つ

 

ご紹介の先生へ

当院では根管治療(外科的歯内療法を含む)の患者様のご紹介を承っています 

03-6458-0640/03-6458-0610 お問い合わせ