精密入れ歯治療について

入れ歯とは

何らかの原因で喪失してしまった歯を人工的に補うための可撤式装置で
機能的回復、および審美的回復を目的に装着される装置です。

入れ歯でお困りの方へ

入れ歯が慣れない、当たって痛い、上手く噛めない、見た目が良くない等、色々な不具合が御座います。
その原因を審査診断して対応策をご説明いたします。

歯を失ってしまった方へ

広範囲に歯を失うと食べ物が食べられないばかりではなく顎の位置のズレやそれに伴い関節の変形につながる場合があります。
咬み合わせを崩壊したままにしておくと身体全体のバランスが乱れ体調を崩してしまう危険性があります。

精密入れ歯治療とは

 

入れ歯を作製する時に重要なのは「自分の口の中の状態にあった形」をどこまで再現できるかです。


単純な見た目でのみではなく、日常生活の中でものを食べたり、話をしたり、その時その時の状況に合わせて、機能的にも最適な状態になるように微調整をしながら作製致します。

長年多くの困難症例を手がけてきた当院院長による、精密入れ歯治療をご希望の方は、気軽にスタッフまでお問い合わせください。

当院の精密入れ歯治療について

「歯は脳を支える柱である」

咬み合わせにズレが生じると、どのような臨床的不快症状も引き起こす可能性がある、ということを念頭に置いて治療を進めてまいります。

基本的に水平的なズレや垂直的な高さの補正が正しく構築されることにより患者様の顎顔面の形も元の自然な感じに導かれます。

入れ歯が合わない理由

水平的な顎位と垂直的な顎位が適切に再現されていない為に適正な咬合力が伝わらず入れ歯がガタついてしまいます。
どんなに高価な入れ歯でも適正な咬合力が再現できなければガタつき上手く噛めません。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の目的の違い

保険内の入れ歯は決められた材料、材質に基づいた設計で作製することが義務付けられいています。

基本的にはレジンというプラスチックを多用した入れ歯になります。
ある程度の厚みを有するので慣れるまでは喋りにくいことも特徴です。

入れ歯に使用されるクラスプというバネは金属製で目立つことも入れ歯が敬遠さる要因の一つです。

自費の入れ歯はフレームを金属で製作するために剛性が高く咬合力でたわむこともなく不必要な場所への余分な力がかかりません。
患者様、個人個人に合わせた自由で理想的な設計が可能です。
審美的に目立つ金属のバネを使わない入れ歯の設計も可能になります。

最大の特徴は保険の入れ歯と比べて1/10程度の厚さに調整が可能になり装着感が良いことが挙げられます。

定期検診

入れ歯の素材によって程度は大きく変わりますが、長期間使用していると、入れ歯がすり減ったり、小さなヒビが入ったりする場合があり、少しずつ痛んできます。

誰でも年齢を重ねると、骨がだんだん痩せてしまい、入れ歯が少しずつ合わなくなってきます。
合わなくなってしまうと、食べ物がすぐに詰まったり、痛みが出るといった、様々な不具合が起こります。

入れ歯の痛み具合を定期的にチェックしたり、口腔内のチェックをすることで、入れ歯を長持ちさせ、突然壊れて使えなくなったりするのを防いだり、リペアをして使い続ける事ができるのです。

入れ歯の種類

質の高い金属で見た目を考慮して、材料を用いて患者さんになるべくあったものを提供しています。

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー

入れ歯治療よくある質問 Q&A

Q1. 年齢が若いのですが入れ歯はできますか?

A1. 可能です。
審査診断の上、適切に対応いたします。

Q2. 入れ歯が壊れてしまった場合、修理はしてもらえますか?

A2. 状態により修理可能な場合と不可能な場合が御座います。
審査診断後にご説明いたします。

Q3. 入れ歯の作製にはどのくらいの時間がかかりますか?

A3. 欠損範囲によっても異なります。
審査診断の上、詳しくご説明いたします。


Q4. 入れ歯はどのくらいの期間、使えるものなのでしょうか?

A4. 欠損範囲によっても異なりますが保険内では6か月経過すれば再度新しい入れ歯をつくる事が国で認められています。
従って保険内のプラスチックでつくる入れ歯は半年間はもつように設計されています。
勿論、それ以上経過して使用して頂いている患者様もたくさんいらっしゃいます。
大切なことは入れ歯を最大限に使えるようなご説明、ご指導をしていくことが最も重要な最優先課題になります。

Q5. インプラントにするか入れ歯にするか迷っています。両方のメリット、デメリットを教えて下さい。

A5. 双方の目的は共通して口腔内の機能回復にあります。

 

■入れ歯のメリット、デメリット

保険内:メリット

比較的に簡単容易に装着することが可能で費用も安価である
自費治療の入れ歯はその限りではない
装着までの時間が比較的に短い

保険内:デメリット
厚みがあるために異物感があり喋りにくい
毎日、取り外して洗浄・清掃・消毒をしなければならない
咬合力が100%上手く使わりにくい


自費治療:メリット
金属をフレームにして入れ歯を自由に製作するので保険診療の入れ歯と比較すると薄くてしゃべり易い
バネの見えない入れ歯も対応可能になります。

自費治療:デメリット
治療費が高額になる

■インプラント治療
残存歯を最大限にもたせるための最高の予防歯科治療になります。
デメリットとしては高額歯科治療になるということだけです。

Q6. 入れ歯をしていることを周囲に知られないようにできますか?

A6. 全く分からないかどうかは欠損部位とその状態によって異なります。

「全く」という言葉だけでは主観的で個人差があるために100%分からなくなるかどうかは患者様によって異なります。

勿論、バネの見えない入れ歯は保険外治療になりますしあくまでも自費治療が前提になります。

保険内治療では周囲に知られないような入れ歯は難しくなります。
(保険で決められた材質、設計での入れ歯製作になりますので)

Q7. 夜、寝る時には外さないといけませんか?

A7. 一概には言えませんが基本的には歯肉を休ませる時間帯が必要なので就寝時は外して頂きます。

ただし、顎位を補正した患者様の場合は装着して就寝して頂くことも御座います。
その場合は起きている時に入れ歯を外して頂き歯ぐきを休ませる時間を作って頂く場合が御座います。

総括

全身疾患や顎堤の問題、あるいは経済的理由によりインプラント治療が出来ない患者様以外は圧倒的に入れ歯治療よりもインプラント治療が優先されるべきだと考えます。

入れ歯の最大の弱点は残存歯に横から力をかけてしまうことにあります。
ですから人工歯が減ったままで長年入れ歯を使っていると次々に残存歯が側方力でダメージを受けて喪失してしまうのです。

入れ歯だけではなく天然歯や治療して被せ物をした歯も横の力がかかるような咬合様式の場合は長くもたせることは出来ません。

03-6458-0640/03-6458-0610 お問い合わせ