精密入れ歯治療について

精密入れ歯治療とは

精密入れ歯(義歯)は天然歯を失った際に補う人工歯のことです。

一般的に使用されている入れ歯は“樹脂”でできているもののことを指します。
入れ歯を作製する時に必要なのは「自分の口の中の状態にあった形」をどこまで再現できるかがとても重要になってきます。


目で見た歯列に合わせ型を造ってはめるだけでなく、日常生活の中でものを食べたり、話をしたり、その時その時の状況に合わせて、最適な状態になるように微調整をしながら作製する必要があります。

入れ歯が合わない理由

 

従来の入れ歯作製では型を作成する段階で限界があるため、どうしてもずれてきてしまったり、かみ合わせが悪いなどの症状に悩まれる方も多くおります。

「精密入れ歯」は、変形が少なく、日常生活の中で様々なお口の中の状態に合わせて変動が可能なため快適に過ごして頂く事が可能です。

保険での入れ歯は、調整回数が少ないですが自費診療の精密入れ歯は調整を細かく行う事が出来ますのでしっかりと噛み合うまで調整が可能です。

定期検診

入れ歯の素材によって程度は大きく変わりますが、長期間使用していると、入れ歯がすり減ったり、小さなヒビが入ったりする場合があり、少しずつ痛んできます。

誰でも年齢を重ねると、骨がだんだん痩せてしまい、入れ歯が少しずつ合わなくなってきます。
合わなくなってしまうと、食べ物がすぐに詰まったり、痛みが出るといった、様々な不具合が起こります。

入れ歯の痛み具合を定期的にチェックしたり、口腔内のチェックをすることで、入れ歯を長持ちさせ、突然壊れて使えなくなったりするのを防いだり、リペアをして使い続ける事ができるのです。

入れ歯の種類

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー

03-6458-0640/03-6458-0610 お問い合わせ